FC2ブログ
物欲ログと買い物備忘録的BLOG・・・のハズが、ほぼ食欲ブログ化中

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2009-01-28 Wed 21:56
第6回ぶるたま会@マ・ブロシェット
1月25日(日)は門前仲町のマ・ブロシェットにて、
第6回ぶるたま会(ワイン会です)に参加してきました。

昨年の8月から毎月開催して6回目。
これまで全6回、全て参加させてもらってます。
・・・・・・blogに書けてないけど・・・ごめんなさい西方さん・・・(´・ω・`)

今回はフランスから
フランスはボーヌのレストラン「ビストロ・ブルギニョン」のオーナー、
ジャン・ジャックさんも参加されて、
しかも彼のブルゴーニュブランドのワインも飲めるというスペシャル会でした!!

マ・ブロシェット
本日のぶるたまメインの2本のコルク。
左が1989、右が1979です。
 
最初に、アペリティフとして、
ジュリアン・メイエーのクレマン・ダルザスをいただいたのですが
写真取り忘れたーーーーーーー!!!!

リンゴの香りたっぷりの面白い泡でした。
シードルっぽいとの声も。たしかにそうかも。自分は好きです。

マ・ブロシェット
2004 シャサーニュ・モンラッシェVV アレキサンドル・ド・レゼルフェルド(左)
2004 ムルソー VV アレキサンドル・ド・レゼルフェルド(右)

さっそくジャン・ジャックさんの白ワイン2本を飲み比べ。
シャサーニュ・モンラッシェはまだ開ききってない感がありましたが
酸とミネラル(ちょっと自信なさげに)を感じられる1本でした。
ムルソーは香りも高くとってもいいかんじ。スキです、これ(* ̄ー ̄)

マ・ブロシェット
キンメ登場。トマトクリームソースです。
身はプリプリだし、ソースは旨いしで素晴らしかった。

マ・ブロシェット
1979 特級コルトン・シャルルマーニュ ボノー・デュ・マルトレ(左)
1989 特級コルトン・シャルルマーニュ ボノー・デュ・マルトレ(右)

本日のぶるたま会のメインワイン~!

1979年、とっても素晴らしかったです!!
西方さんありがとう!! (〃´▽`〃)

1989年は、、、まぁこんなこともあるさ(ぁ

マ・ブロシェット
2006 ブルゴーニュ シャルロパン・パリゾ

ここから赤に移行です。
次の赤メイン前に、という事でしたが、
これまた美味しかったです。

マ・ブロシェット
何か奥で焼いてるな~と思ったら、
うずらの炭火焼きが登場!

炭火の香ばしさと焼き加減がGOODです。
赤とあわせて更に...!!

マ・ブロシェット
2004 特級シャルム・シャンベルタン アレキサンドル・ド・レゼルフェルド

そしてジャン・ジャックさんのメイン登場。
まさか更に特級、しかもシャルム・シャンベルタン!!
果実味がとっても豊かで素晴らしい1本でした。
さすがの一言です。

マ・ブロシェット
最後にトリュフ チャーハンも登場。
トリュフの香りが赤に合うな~。
てゆーか、チャーハンすごい美味しいんですけど。

ららぽーと
ワイン会終了後は、二次会は豊洲のららぽーとへ移動。
ららぽーとって初めて来たんですが、こんな事になってるんですね...

スペインバル バルデゲーにてしっかり赤ワイン3本飲んでお開き。

その後、ジャン・ジャックさんを汐留のホテルまで送るということで
西方さんのフェラーリ号に乗せてもらって汐留まで。ここで解散。

ジャン・ジャックさん、会話とか仕草とか、とかとか、
とても楽しい&素晴らしい方でした。

今回のぶるたま会もとても素晴らしかったです。
また次回に期待してます!


汐留
そして汐留駅近くの空中歩道。
ここから五反田まで歩いて帰りました!(`・ω・´)
途中、道を間違えて8kmくらい歩いちゃったヨ!!



ジャン・ジャックさんのワインサイト
http://www.a-rezelfeld.fr/

Ma Brochette
TEL:03-5876-5580
〒135-0048 東京都江東区門前仲町1-5-6 薄井ビルB1
ディナー(火~土) 17:50~26:00(L.O.25:30)
定休日:日曜日・月曜日
スポンサーサイト
別窓 | 食欲記録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サーモンとアーモンド@アイラ | 物欲が支配する(仮) | 歓迎会@炭火やまぐち>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物欲が支配する(仮) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。